2019年7月24日(水)の日報


大阪北浜の喫茶「フレイムハウス」へ。

主催をしているライターの勉強会「関西ライターズリビングルーム」第二十六夜。
ゲストはライターの近藤雄生(こんどう ゆうき)さん。

テーマは「ノンフィクション/ルポルタージュの名手に訊く『取材記事』のつくり方」。

話題のベストセラー「吃音 伝えられないもどかしさ」(新潮社)が「本田靖春 ノンフィクション賞」にノミネートされ、その発表の前日というお忙しいさなかにお越しいただき、恐縮する。

とはいえ、そういった緊張感がみなぎる状況下でお話をうかがえるのもまた、私やお客さんにとっては千載一遇の好機。
近藤さんの取材の様子をお訊きし、勉強させていただいた。

トークの内容はまた後日、「関西ライターズリビングルーム」のサイトで書くとして、この日はとにかくお客さんが皆、メモをとるとる。

「取材」って、切実なんですよね、ライターにとって。
本音を言うと、しなくて済むのならば、したくない。
難しいんです本当。

「この取材、迷惑なんじゃないか」「相手の時間を奪いすぎていないか」「確実にめんどくさがられてるよね」「大事なことを聞き漏らしていないか」「質問が出てこない」「欲しい答が返ってこない」「訊きたい核心に辿りつかない」「おもしろすぎて、まとめる自信がない」「おもしろい話が、ぜんぶオフレコ部分」「方言きつすぎて、なにを話しているかがわからない」「ICレコーダ、まわってない……」「どうしよう。インタビューの途中なのに、めっちゃトイレ行きたい」などなど、悩みは尽きない。

ときには訊かれたくないであろうことも、訊かなきゃいけませんしね……。

そういった艱難辛苦を乗り越えて作品に昇華させた近藤さんの話は、血と汗と涙が通った金言ばかりでした。

近藤さんの目の前で、いま破竹の勢いで頭角をあらわしている怪談師の深津さくらさんが猛然とメモを取っていて、彼女のリアルな怪談がどれほど綿密で丹念な取材に基づいているかが、うかがいしれました。

京都に帰ってきたら、お店にスマホを忘れていたことに気がつく。

Webライター吉村智樹メールフォーム
http://tomokiy.com/tomoki/mail/
ブログ紹介 よしむら・ともき 京都在住のフリーライター・放送作家です。 ▼Webメディア(現9誌) NTT「いまトピ」 朝日新聞「DANRO」 リクルート「メシ通」「SUUMOタウン」「SUUMOジャーナル」 文藝春秋「CREA_WEB」 まぐまぐ「まぐまぐニュース」「TRiP EDiTOR」 ヤマハ「mysoundマガジン」 ▼メールマガジン 「ROADSIDERS' weekly」 ▼雑誌連載 双葉社「週刊大衆」 ▼テレビ構成 朝日放送「LIFE 夢のカタチ」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0